ダイエットに効果的なジョギングを始めよう!

ジョギングは体脂肪を燃焼させる有酸素運動の中でも特に効果が高いとされています。ジョギングは水泳やウォーキングよりも運動量が高く脂肪燃焼効果があるので、ダイエット中は是非やっておきたい運動です。

ジョギング

そのジョギングですがランニングとの違いをご存知でしょうか?
ジョギングとランニングの違いは走るペース。会話ができるかできないかで判断します。
会話ができるくらい無理のないペースで走るのがジョギング、会話ができない速いペースで走るのがランニングです。よってジョギングを行う場合は、会話ができるくらいのゆっくりとしたペースで走るようにします。

ジョギングで効果を上げるための運動のポイントはこちらのコンテンツを参考にして下さい。「効果を上げる有酸素運動の基本」で詳しく解説>>

ジョギングは楽しい!?続けるためのアドバイス

ダイエットでの有酸素運動として最も効果があるジョギングですが、多くの人がすぐに挫折してしまいます。挫折する理由の多くが「走るのが辛い」という理由です。確かに走るのは他の運動と比べて苦手な人が多いのですが、とても効果的な有酸素運動なので、私が今ままで多くの人にアドバイスしてきたポイントを紹介したいと思います。

コース選びはとても重要

ジョギングを行う場合、コース選びはとても重要です。ジョギングは信号などで止まってしまうと、走り出した時にとても苦しくなります。よって信号の多いコースはジョギングには不向き。なるべく平坦な道が続き信号のないコースを走るのがポイントです。土手なんてベストですね。こういったコースを選ぶだけでジョギングの苦しさが大きく変わってくるので、ジョギングを続けやすくなります。

走るのが辛いのは最初の3回

今まで運動をしていなかった人の場合、突然ジョギングを行うのは辛いかもしれませんが、ジョギングを始めてから最初の3回を頑張れば、筋肉が運動に慣れてくるので比較的楽になってきます。

そして5回目くらいから、走るのもだいぶ楽になりジョギングが楽しくなってくるのです。ランナーズハイって言葉がありますよね。走っている最中に苦しさが和らぎ、逆に快感と感じる現象です。たった数回のジョギングでも、慣れてくるとランナーズハイの状態になる人は多く、そこから楽しくなりジョギングが日課になる人は実際に多いです。よって最初は苦しいかもしれませんが、最低でも5回は走ってみましょう。

セカンドウインド

ジョギングに慣れていないと、数分で苦しくなり歩いてしまっていませんか?ジョギングは最初の10分間を我慢すれば全身が軽くなり楽になります。この状態を”セカンドウインド”と言います。これは酸素の摂取量が安定してきて、体が楽になるからです。

歩いてしまうと、逆に苦しくなるので10分間頑張るようにしましょう。この方がかえって楽になりますし、体が走ることに慣れやすいので効率的なのです。


夏までに目指せ-5cm
「お腹の脂肪が思うように落ちない!」という方におすすめなのがエステ。
エステを併用することで脂肪を効率よく効果的に落とせます!
素早く確実に結果がでるエステを厳選>>

<< 運動が必要とされる理由 | トップページ | エアロバイクを始めよう! >>

スポンサードリンク
人気 痩身エステ・ランキング ウエスト-5cm

たかの友梨

たかの友梨

3コースも選べて3000円!
部分痩せ対応、キャンペーン中

ラ・パルレ

ラ・パルレ

その場で実感!-8cmボディ
業界最安値の体験料金500円

エルセーヌ

エルセーヌ

大人気の「-8cmやせる体験」
たっぷり90分 やせる体験が525円

チェンジFX