ダイエットは食事回数を増やすと効果的

ダイエットを行う場合、多くの人が食事回数を3食から2食に減らしています。このやり方は、すごく効率が悪いですし太りやすい食事方法なのです。

驚くかもしれませんがダイエットでは食事回数を”増やす”方が脂肪燃焼効果が高くなり効果的なのです。日本ではあまり知られていないのですが、ダイエット先進国のアメリカなどでは、当たり前の食事ダイエットの方法です。

食事回数を増やす目的とその効果

食事回数を増やすとは?

食事回数を増やすと言うのは決められた一日の摂取カロリー量を「複数に小分けして食べる」という事です。

食事回数

同じ量を食べる場合でも、食事回数を多くすることでダイエット効果を高めることができるのです。

なぜ食事回数を増やしたら効果的なのか?

なぜ食事回数を増やしたら効果的なのかというと、人間は食事をすると代謝が上がります。代謝が上がると言うことは体脂肪が燃焼しやすくなりますよね。考えてみて下さい。と言うことは食事回数を増やせば、それだけ多く体脂肪燃焼を促す効果を得られるのです。

代謝

このように食事回数を増やすことで代謝を高く保つことができるので、体脂肪が燃焼しやすい状態を維持することができるのです。

1回の食事量が少なくなるので消化吸収が高まる

太る原因のひとつとして、食べたモノが消化しきれずに脂肪として蓄積されることです。これは一回の食事量が多いことが招いているのです。食事回数を小分けすれば一回の食事量を少なくすることができるので、消化がよくなり体脂肪として蓄積されにくくなるのです。

ストレスの軽減

食事回数を多くすることのメリットはストレスの軽減にも役立ちます。ダイエットでは「食べれない」状況が続きストレスがたまります。食事回数を増やすことで、一回の食事量は少なくても複数回食べることができるので、「食べたい」という欲求を緩和することができるのです。

食事回数は何回に小分けするべきか?

理想は5~6回の食事回数

食事回数を増やす場合、理想的な食事回数は5~6回とされています。これは5~6回に分けることで、3~4時間おきに食事をすることになります。

一般的に食事を摂った3~4時間後に代謝が低下し始めるので、代謝を高く保つためにも3~4時間の間隔で食事を摂るのが本当は理想的なのです。

基本3食プラス1食の合計4回が現実的

しかし仕事をしている方など、一日5~6回の食事を摂ることは現実的ではありませんね。よって基本3食プラス1食の合計4回でも問題はありません。

どのように食事回数を増やすのか?

食事回数を増やすと言っても、すべて固形の食品を食べるわけではありません。基本の3食にプラスバナナやプロテインドリンクなど低カロリーの食品を摂るようにするのです。

食事回数が増えることで、代謝を高く保つことができ、かつ総摂取カロリーもダイエットに最適なバランスで摂ることができます。

食事メニューや食事の摂り方などはこちらを参考に>>


夏までに目指せ-5cm
「お腹の脂肪が思うように落ちない!」という方におすすめなのがエステ。
エステを併用することで脂肪を効率よく効果的に落とせます!
素早く確実に結果がでるエステを厳選>>

<< ダイエットの摂取カロリー | トップページ | 週1回好きなものを食べる食事法 >>

スポンサードリンク
人気 痩身エステ・ランキング ウエスト-5cm

たかの友梨

たかの友梨

3コースも選べて3000円!
部分痩せ対応、キャンペーン中

ラ・パルレ

ラ・パルレ

その場で実感!-8cmボディ
業界最安値の体験料金500円

エルセーヌ

エルセーヌ

大人気の「-8cmやせる体験」
たっぷり90分 やせる体験が525円

チェンジFX